紫外線には十分な注意を|いつまでも美しい姿を維持したいならシミ取りをクリニックで行なおう

いつまでも美しい姿を維持したいならシミ取りをクリニックで行なおう

紫外線には十分な注意を

医者

普段からのケアを忘れない

シミを気にするのは、女性の特権と言われた時代は終わり、今では男性も同様に悩みを持つと言われるまでになりました。そこには、肌の老化を促進し、若々しさを失ってしまった感じに印象を与えるようになり、若い時にケアをしなかったことに対し後悔する人が多くなったと言われます。一般的には、紫外線を浴び続けることがその原因と言われていますが、その他にも食生活の乱れや睡眠不足と言ったことも原因となることを知らないでいる人が多いのも事実です。このシミは、皮膚の中にあるメラニン色素が、沈着したことで出来たものになります。メラニン色素は、常に新陳代謝が行われています。この新陳代謝をターンオーバーと呼び、28日間の周期で剥がれ落ち、元の肌に戻ることになっています。ですが、何らかの理由からこのターンオーバーが上手く行かず、紫外線を処理出来なかったことから、シミとして残ってしまうことがあります。この何らかの理由に当てはまるのが、食生活の乱れや睡眠不足と言うことになります。加えて、肌細胞にも悪い影響を与えることから、肌の質そのものも悪くなってしまうことも考えられます。そしてこの28日周期で剥がれ落ちる肌が上手く剥がれなくなったことで、肌の色が黒ずんで来ることになる訳です。出来たシミを放っておくと、ほくろになってしまうだけでなく、皮膚がんにかかる恐れも出て来ます。また、一度出来てしまうと自然に解消することはありませんので、シミ取り治療を行う必要があります。良く言われることに、ビタミンCが効くと言われますが、この場合色が薄くなることはあっても、完全に消えることがないと知っておくべきです。そのため、治療を行うことがベストな方法です。まず、紫外線によって出来たとされる場合には、レーザー治療が取り方としては、より効果的となっています。内服薬の効果は、少ないと言われます。次に肝斑と言われる女性ホルモンのバランスが崩れ、頬骨等に左右対称に出来るシミ取りには、内服薬のトラネキサム酸が有効的と言われています。更には、ニキビ痕などから出来たとされる場合には、ケミカルピーリングとか美白化粧品が良いとされています。基本的な考え方として治療を行う前には、皮膚科なり形成外科、美容外科などへ行き相談することが、大事なことになります。一人で悩んでいても解決に至ることはありません。少しでも早く、医師の診断を仰ぐことが、シミ取りには良い方法です。そこには、レーザー治療を受ける場合でも保険適用が出来ます。そのため費用を考えるのであれば、保険適用の皮膚科へ行くことがベストですが、美肌を重んじる人は、美容外科と言う方法が考えられます。

Back to Top