美容外科でのレーザー治療|いつまでも美しい姿を維持したいならシミ取りをクリニックで行なおう

いつまでも美しい姿を維持したいならシミ取りをクリニックで行なおう

美容外科でのレーザー治療

カウンセリング

相場や費用のこと

多くの女性が加齢と共に悩まされるのがシミです。最近では「アンチエイジング」や「美白」を謳った化粧品、サプリメントが多く販売されているため、自宅でのセルフケアは身近なものになりました。しかし、化粧品やサプリメントで可能なのは予防までです。シミ取りをしたい場合、一番の近道は医療の力なのです。シミと一言に言っても多くの種類があります。治療を成功させる為に一番大事な事はシミの見分けです。同時に、医療者にとってはこの見分けがとても難しいのです。シミ取りは皮膚科でも可能ですが、より多くの経験と実績をもった美容外科が治療には向いていると言えるでしょう。美容外科では外用薬や内服薬での治療の他にレーザー治療を受ける事が出来ます。例えば外用薬にはハイドロキノンやトレチノインという成分の薬が使用されます。前者は元々フィルム写真を現像する為に使用された劇薬です。費用は1ヶ月2000円から3000円と比較的手が出し易い価格ですが、劇薬のため3ヶ月から6ヶ月で効果がないと判断した場合は治療が中止となります。また、後者はターンオーバーを約2倍に早める効果のある薬です。費用は3000円から6000円ですが、こちらも強い薬のため6週間までの連続使用で治療中止となる場合があります。その他、シミ取りで一番即効性が高い治療として有名なのがレーザー治療です。ほとんどのクリニックで用いられる一般的なQスイッチヤグレーザーの場合、1m×1回あたりの治療の相場は3500円から9800円です。シミの種類として一番多い老人性色素斑の場合、このレーザーは1回から5回の治療で治癒します。また、2ミリ以下であればピンポイント治療で1回2500円などという料金設定を行なっているクリニックもあります。また、美容外科は病院ではあるものの基本的に健康保険の適用外診療になるため、クリニックによっては会員割引が適用される事もあります。更に、レーザーを受ける場合に気になるのが痛みがあるのか否かですが、医師や実際に治療を受けた方からは輪ゴムで軽くパチンと弾かれる程度だと表現されています。それでも痛みが苦手な方のために表面麻酔を使用するクリニックもあるようです。外用薬や内服薬でシミ取りする方法を除き、多いクリニックでは約20種類のレーザー治療から施術を受けられる場合があります。どのような治療を受けられるのか、どのような料金設定で治療を受けられるのか、全てはクリニックと医師によって様々です。多くのクリニックで無料カウンセリングを実施していますので、一度利用してみると良いでしょう。

Back to Top